Accessoire des rubans フランスリボンのアクセサリー



ラテリエ デュ ルバンのフレンチリボンクチュールクラフト


ラテリエ デュ ルバンのフレンチリボンクチュールクラフト
2013年秋のクラスのテーマの一つは
Accessoire des rubans アクセソワール デ ルバン〜フランスリボンのアクセサリー」。

先日9月28日(土)大阪・なんばでのレッスンは18名様の満席を頂戴し、
約4時間程のレッスンの中で
フレンチモダンなデザインの「リボンコサージュ」と「MODEリボンシュシュ2Design」を
ご制作頂きました。


ラテリエ デュ ルバンのフレンチリボンクチュールクラフト


リボンコサージュ」は花びら1枚1枚から
美しいグラデーションカラーのフレンチリボンで丁寧に仕立て、
お花に組んでいきます。

モードなブラック、そして華やかなルージュ。

色彩の変化で
コサージュのイメージも大きく異なります。

こうした色彩の魅力はレッスンの中でも度々お話をさせて頂いています。

その深遠さは
語っても語っても、語り尽くすことができませんが...
作品づくりの中では、「色彩」というキーワードはとてもとても重要です。

完成されたコサージュはケースに入れ、ブラックのレザーリボンでラッピング。

丁寧に仕立てて創られたコサージュは、
シーズンオフの時期にはこうしてケースにしまって頂ければ永くご愛用頂けます。

又、インテリアフラワーとしてお部屋に飾って頂くのも素敵です。


ラテリエ デュ ルバンのフレンチリボンクチュールクラフト


レッスン後半は、
モードな雰囲気リボンシュシュをご制作頂きました。

大人の女性に向けた色合いは、まさにParis色。


ラテリエ デュ ルバンのフレンチリボンクチュールクラフト


へアアクセサリーとしてはもちろんですが、
実は、ファッションアイテムとしてブレスレット感覚で装うのも楽しみ方の一つで
皆さまにおすすめしています。

Vividsな色彩は自分にはちょっと似合わないのでは...と遠慮してしまう方もぜひブレスレットに。
普段と異なる色を身体に少しでも纏うことで、気分は大きく変わるものです。

Vividsな色はブラックと合わせ、
アクセントカラーとして用いることで大人の女性らしさが出てきます。

背筋が自然に伸び、街中を颯爽と歩きたくなる...
そんな凛として開放された魅力が、Vividsカラーにはありますね...

10月10日(木)は玉川高島屋(東京)レッスン→
そして10月19日(土)は名古屋レッスン→を行います。

各レッスンの詳細は、上記の★をクリックしてご覧下さい。



東京・名古屋・大阪など各地でレッスンを開催しています。
お問合せはメール等でお気軽にご連絡下さい info@latelier-du-ruban.com


※当ブログでご紹介を致しております作品デザインの無断使用や模倣品等は固くお断り致します


ラテリエ デュ ルバン・オフィシャルHPのトップページへ

ラテリエ デュ ルバン・オフィシャルオンラインショップへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



2013年10月04日 

posted by ruban at 19:18 | Seasonal Gallery リボンクラフト